浜松南病院について

骨密度測定

[ 骨密度測定 ] 設置装置名:GE製 DPX-BRAVO

骨粗鬆症とは

 全身的な骨の中のカルシウム量(骨量)の減少によって、骨の大きさは変わらないのに、骨の中が軽石やスポンジのようになって、大変もろくなった状態のことです。
  一般には骨量は加齢に伴い減少していきますが女性の方が骨粗鬆症になりやすいといわれています。下の図は当院の女性の骨密度検査実施者(腰椎、股関節)の統計データです。下の図からも判るとおり更年期を迎える50歳ころから徐々に増え始め、70歳以上では多くの人が該当します。

腰椎 女性年齢別 股関節 女性年齢別
腰椎 女性年齢別グラフ 股関節 女性年齢別グラフ

骨密度測定方法

 当院では、X線を用いたDEXA法と呼ばれる測定法で、腰椎及び股関節で測定を行っていきます。 検査前の処置等はありませんが、測定に際して身長、体重の測定をさせていただきます。
  被曝線量は各部位あたり5μグレイ~20μグレイと胸部エックス線撮影と比較しても約10分の1と被曝に関しても安心して検査をうけていただけます。

骨密度測定装置

[ 腰椎 ]

右の図が実際に腰椎を測定している様子になります。検査時間は5分程度でおわります。腰椎の骨密度が低いと、圧迫骨折を起こしやすく腰痛の原因になることが多いです。

腰椎撮影風景

[ 股関節 ]

右の図が実際に股関節を測定している様子になります。腰椎と同様に検査時間は5分程度で終わります。股関節の骨密度が低いと、転倒した際に大腿骨頚部骨折を起こしやすくなります。大腿骨頚部骨折は寝たきりの原因になりやすいので注意が必要です。

股関節撮影風景

骨密度検査結果

 検査結果は右図のように印刷され、担当した医師より診断結果の報告、今後の方針の指示等があります。(赤丸があなたの現在の骨の状態です。)

骨密度検査結果
[ 骨密度検査をお受けになろうとする方へ ]

 当検査は予約制で検査可能です。いずれの医師の受診または検診として行うことも可能ですので、お気軽に受付または医師にご相談ください。 あらかじめ、予約をしていただければなおスムーズにご案内できます。


Copyright © 2011 HAMAMATSU MINAMI HOSPITAL All Rights Reserved.