ページのタイトル

内視鏡

  
 内視鏡検査とは  上部消化管内視鏡検査  下部消化管内視鏡検査
 小腸内視鏡検査  カプセル内視鏡  ダブルバルーン内視鏡
 内視鏡的逆行性胆管膵管造影  苦しくない内視鏡検査への取り組み  経鼻内視鏡
 炭酸ガス送気装置  内視鏡の洗浄について  






内視鏡検査とは

 内視鏡とは身体の中に先端にレンズのついた管を入れて観察し、場合によっては処置をする医療機器です。
 内視鏡技術や器具の性能の向上に伴い、これまで発見の難しかった早期のがんの発見や、開腹手術しか方法のなかったがんに対して内視鏡治療ができるようになってきています。
 内視鏡検査は辛い、怖いといったイメージを持っている方が多いと思いますが、当院では様々な工夫を重ね、安全性を確保した上で検査時の苦痛を最小限にし、できるだけ気楽に検査を受けていただけるよう心がけております。

内視鏡

上部消化管内視鏡(胃カメラ)検査

 口または鼻から内視鏡を挿入し、食道・胃・十二指腸を観察します。
貧血・腹痛等の原因を調べるため、潰瘍、炎症、腫瘍等を診断するためなどに行います。
病変が見つかった場合は、体に害のない安全な色素を散布して詳しく観察したり、必要に応じて病変の一部を採取して調べることもあります。
検査時間は通常約5~10分です。

内視鏡


下部消化管内視鏡(大腸カメラ)検査

 肛門から内視鏡を挿入し、空気の注入を行いながら大腸のヒダをたぐり寄せて盲腸まで挿入します。
 盲腸へ到達後、ポリープや癌、炎症など病気がないか観察しながら内視鏡を抜いてきます。
 途中で病変が見つかった場合は、必要に応じて病変の一部を採取して調べたり、ポリープなどの病変を内視鏡的に切除することもできます。

内視鏡


小腸内視鏡検査

 小腸は長いため、これまで内視鏡で観察することは困難でしたが、カプセル内視鏡やバルーン内視鏡により、小腸すべてを観察することが可能となりました。



カプセル内視鏡

 口から飲み込み、消化管の内部を撮影することができる、約11mm×26mm(3.7g)のカプセル型の内視鏡です。
 消化管を通りながら小腸の写真を撮影し、その画像は腰に取り付けたデータレコーダに記録され、8時間で得られた約5万枚の画像を専用のビューワーを用いて読影します。
 患者さんの負担が少なく、小腸全体を観察することができますが、食道・胃や大腸は十分に観察することはできません。
 小腸にたまっている内容物の影響や、撮影時間に限りもあるため、小腸の奥のほうまで観察できないこともあります。

内視鏡


ダブルバルーン内視鏡

 バルーンの付いた長さ2mの長い内視鏡とオーバーチューブを組み合わせたものです。
 X線透視で位置を確認しながら、小腸内で2つのバルーンを交互に膨らませて固定し、腸管をたたみ込んで内視鏡を進めることで、内視鏡検査が難しかった小腸の精密検査・治療を可能にしました。
 経口的にも経肛門的にも挿入することが可能で、両方向からの挿入を組み合わせることにより小腸全ての観察ができます。
 また観察するだけでなく、出血病変に対して止血したり、ポリープを切除したり、狭いところを広げたりすることもできます。
 原因不明の消化管出血や炎症性腸疾患、小腸腫瘍などの病気が疑われる場合などに適応となります。
 また、大腸が長かったり癒着のために内視鏡を挿入することが困難な場合にも有用です。

内視鏡


内視鏡的逆行性胆管膵管造影

ERCP(Endoscopic retrograde cholangiopancreatography)

 胆道(胆管・胆嚢)・膵管の病気が疑われた方が対象になります。
 十二指腸まで内視鏡を進め、内視鏡の先端から造影カテーテルという細いチューブを膵管や胆管に挿入し、造影剤を直接注入してX線撮影を行います。
 X線撮影だけではなく、組織を採取することも可能です。
 また、内視鏡の先端から出した器具を用いて、胆管結石を砕いたり取り除いたりする治療や、腫瘍などで閉塞した胆管にステントを挿入し、胆汁の流れを良くする治療なども行うことができます。

内視鏡


苦しくない内視鏡検査への取り組み

 【鎮静剤・鎮痛剤】
 より苦痛の少ない内視鏡検査を受けていただくため、希望される方に対しては点滴を行いながら鎮痛剤や鎮静剤の注射をして検査を行います。
 意識はあっても少しぼーっとした状態から、ほぼ寝てしまっている状態まで、患者さんの希望や状態にあわせなるべく調節していきます。
 検査後は眠気や、注意力・運動能力の低下などが起こる可能性がありますので、約1時間は専用のリカバリー室のベッドで休んでいただきます。
 検査当日は車や自転車の運転はできませんのでご注意ください。

内視鏡


経鼻内視鏡

 当院では、細径内視鏡を用いた経鼻内視鏡検査も行っています。
従来の内視鏡(10㎜程度)に比べ、5㎜程度とかなり細い内視鏡を使用し、鼻から挿入することができます。
 喉の奥の吐き気を感じる場所を刺激しないため、検査中に嘔吐反射が少なくなります。
 また、喉の違和感も少なく済みます。ただし操作性や画像の解像度が経口の内視鏡に比べてやや劣る部分もあり、内視鏡による処置にも多少の制限があるため、病気によっては通常の内視鏡をおすすめする場合もあります。




炭酸ガス送気装置

 通常、内視鏡検査では胃や大腸に空気を入れて膨らませながら検査をするため、検査後のお腹のハリが苦痛となります。
 当院では苦痛が少しでも和らぐように、空気より100倍以上早く水分に吸収される、炭酸ガス送気も導入しています。

内視鏡


内視鏡の洗浄について

 当院では内視鏡検査による感染を予防するため、内視鏡を1症例の検査毎に専用の機械で洗浄しております。 内視鏡による感染の心配はありませんのでご安心ください。

内視鏡




Copyright © 2011 HAMAMATSU SOUTH HOSPITAL All Rights Reserved.