浜松南病院について

診断と治療を支える機器と技術

  浜松南病院は平成18年4月開院以来、9年目を迎えることができました。 浜松市中区・南区を中心とした地域住民の皆様のご支援に厚くお礼申し上げます。

  放射線技師も7名になり、それぞれが学術集会や研修会などに積極的に参加してスキルアップを心掛け常に診断に最適な画像を高画質な情報として提供するように日々、技術の研鑽に努めています。
  外来・病棟からオーダーリング入力により予約・緊急検査依頼等を受けて各種検査装置から得られた情報を診療科へモニター診断画像として配信しています。
  医療機器の定期点検も計画的に実施し医療被曝の低減化・医療機器の安全管理などを実施して安心・安全な医療環境を構築しています。
  また医療機器の始業・終業点検の徹底と感染対策の観点から患者様の接触する箇所の清掃も毎日励行しています。

[ 画像診断システムの構築 ]

  CT、MRI画像診断については遠隔画像診断システムを利用して画像検査結果が迅速に報告されるシステムになっています。 また毎週、放射線専門医による院内画像診断を併せて行っています。

  それでは当院の医療機器の概要と臨床画像を供覧します。

  X線TV、一般撮影    CT     MRI     骨密度測定     内視鏡     超音波検査(エコー)



Copyright © 2011 HAMAMATSU MINAMI HOSPITAL All Rights Reserved.