ページのタイトル

病院理念

    1.患者さまの立場にたち、安心できる医療サービスを行います。
    2.患者さまの知る権利と治療における自己決定権を尊重するとともに、患者さまご自身の個人情報を守ります。
    3.患者さまに最新、最良かつ高度な医療を提供できるように職員一同、自己研鑽に励みます。

院長あいさつ

 「近くに頼れる病院を!」
 平成18年浜松南病院は、地域の皆様の強いご要望により、浜松市南部の中核病院として誕生しました。これが当院の原点であり私たちのプライドです。したがって当院のミッションは明確です。『患者さんのための病院、最愛の人を安心して託せる病院』であり続けること。そんな想いを胸に、医療の真髄を探求すべく、邁進して参りました。

  150の入院ベッドと13の外来診療科、最新の医療機器などの全ては患者さんのためにあります。7名の医大教授、名誉教授に診療参加をいただくなど、この規模の病院としては恵まれた人員体制で急性期医療を実現しています。特に消化器内科(炎症性腸疾患、内視鏡、がん診療など)と整形外科(人工関節手術、骨粗鬆症、リハビリなど)は当院の2大柱と位置付け最先端の医療に取り組み、情報発信にも努めて参りました。また、医療療養病床では急性期の治療が一段落した後も安心して治療が継続できるよう、地域医療におけるポストアキュート機能を担っています。現在、超高齢社会となった我が国において医療と介護の円滑な連携は重要です。通所リハビリ、訪問リハビリなど病院ならではの質にこだわったサービスも特色です。もちろん、これら当院の能力を過大評価してはなりません。あくまでも患者さんの立場に立ち“医療安全”を最優先に掲げ、近隣のクリニックや高次医療機関との良好な連携を心掛けております。

  私事ですが、昨年度渡邊前院長から“和”というバトンを引き継ぎ、院長として2年目となりました。大過なく日々の業務に専念できましたのも、患者さんや近隣の先生方、その他多くの皆様のご協力があってのことと深く感謝しております。今年度は、整形外科と消化器外科に新たな常勤の専門医を迎えました。私も少しだけ肩の力を抜いて耳を澄ませ、職員が心にゆとりを持って明るく規律正しく、患者さんのために思う存分総合力が発揮できるよう、さらに“和”を重視した病院運営を推進して参りたいと思います。

 今までと変わらぬご厚誼を賜りますよう、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

[ 平成31年4月1日 院長 梅原 慶太 ]

インタビュー記事はこちら

院長 梅原慶太


Copyright © 2011 HAMAMATSU SOUTH HOSPITAL All Rights Reserved.