院内感染防止対策に関する取り組み事項

院内感染防止対策に関する取り組み事項

 近年、医療の高度化や患者様の高齢化、使用薬剤の多様化によって院内感染の高リスク化が問題になってきています。安全な医療を提供するために院内感染をできるだけ起こさないよう対策が必要です。
 当院では、院内感染対策委員会、感染防止対策チーム(ICT)を組織して院内感染対策に取り組んでいます。

 1 院内感染防止対策のための組織

院内感染対策委員会を設置し、毎月1回委員会を開催し、病院全体の感染防止対策に関する事項を検討します。また、感染防止対策チーム(ICT)を委員会内に設置し、院内ラウンドやコンサルテーションなど、院内感染防止対策の実働的な役割を担うこととしています。

 2 院内感染防止対策のための研修

職員の感染防止対策に関する意識・知識・技術向上を図るため、全職員対象とした研修を年2回以上行います。

 3 院内感染発生状況の報告

院内感染発生や薬剤耐性菌検出等に関する感染症レポートを作成し、感染防止チーム(ICT)での検討および現場へのフィードバックを実施しています。

 4 院内感染発生時の対応

院内感染が発生または疑われる場合は、院内感染対策委員会の指導のもと、感染防止対策チームが速やかに対応します。また、必要に応じて協力関係にある他医療機関や保健所と連携し対応します。

 5 患者様への情報提供

感染症の流行が見られる場合には、ポスター等の掲示物で広く院内に情報提供を行います。あわせて、感染防止の意義及び手洗い、マスクなどの着用について、理解と協力をお願い致します。

 6 患者様に対する当該指針の閲覧に関する事項

本取り組み事項は院内に掲示し、患者様及びご家族様の希望に応じ常時、閲覧可能と致します。

 7 地域連携

感染管理地域連携カンファレンスに参加し、近隣医療機関と共に感染対策の向上に努めます。

 8 その他

院内感染防止対策の推進のため「院内感染対策マニュアル」を作成し、病院職員への周知と遵守の徹底を図るとともに、見直し及び改訂を継続的に行います。



Copyright © 2011 HAMAMATSU SOUTH HOSPITAL All Rights Reserved.