介護保険サービス

リハビリとは

 リハビリとは、低下してしまった能力やその状態を改善し、患者さんの社会復帰や地域への貢献を援助することです。援助の方法として当院では、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、摂食機能療法を行っています。

理学療法

  自分らしくをあきらめない

 理学療法とは病気、けが、高齢、障害などによって運動機能が低下した状態にある患者さんに対して、運動機能の維持・改善を目的に運動療法、温熱、電気、光線などの物理療法、徒手療法を用いて身体の不調を取り除けるよう支援することです。その専門職が理学療法士です。
 理学療法の対象者は主に運動機能が低下した患者さんですが、病気、けがはもとより、高齢や手術により体力が低下した方々などが含まれます。
 また、運動・動作の専門性を生かし、福祉用具の適用相談、住宅改修相談も行います。

リハ歩行

作業療法

  だれもが「作業」している

 作業療法とは、食べたり、入浴したり、人の日常生活に係わるすべての動作を「作業」と捉え、患者さんと社会をつなぐ接点を「作業」を通じて作ることです。その専門職が作業療法士です。
 作業療法は身体機能面だけでなく精神機能面も含めた支援を行っており、より具体的な生活をイメージして機能や、能力の改善を図ります。

リハ作業

言語聴覚療法

  “想い”を自分のことばで

 言語聴覚療法とは、病気や交通事故、発達上の問題などで、ことばによるコミュニケーションに問題がみられた際、問題の本質を明らかにし、必要に応じて訓練、指導、助言等を行い、コミュニケーションが円滑に行えるよう支援することです。その専門職が言語聴覚療士です。

リハ言語

摂食機能療法

  安全な食事を目指して

 もう一つ言語聴覚士の大切な仕事として、摂食機能療法があります。病気や事故、加齢などで、食べ物を飲み込みにくくなったり、噛むことがが難しくなり、餅で窒息しかける、水でむせる、といった食べることに関する問題がみられることがあります。
 こうした嚥下に問題がある患者さんの社会復帰をお手伝いし、自分らしい生活ができるよう支援していきます。

リハ摂食


Copyright © 2011 HAMAMATSU SOUTH HOSPITAL All Rights Reserved.