採用情報

採用情報

院長からのラブコール

 はじめまして、院長の梅原慶太と申します。 この度は、浜松南病院のホームページをご覧いただき有難うございます。
当院はJR浜松駅(新幹線ひかり号が止まります)から真っすぐ南へ車で約5分のところに位置する地域の中核病院(13科・ケアミックス150床)です。『患者さんのための病院、最愛の人を安心して託せる病院』をミッションに掲げ、地域住民の健康と幸せに貢献すべく職員一丸となって医療の真髄を探求しています。少数精鋭、明るく仲良く、小さくても一流であることに誇りを感じています。“腕に覚えあり“という優しい先生を募集しておりますので、是非ご検討ください。

当院の特徴は以下の通り、専門特化と地域医療の二刀流を実現している点です。

1.専門特化(消化器科と整形外科)
・消化器疾患、特に指定難病IBDにおける専門病院です。全国から通院される多くの患者さん(UC約450名、Chron病約250名)の生活を背負い、厚労省の研究協力施設として診断基準・治療指針の作成にも関わり、科学的根拠や最新の知見に基づいたチーム医療を実践しています。数多くの学会発表や英語論文などを通し情報発信にも努めています。連日、非常に多くの内視鏡検査・治療が円滑に行われている点も当院の強みです。

・整形外科は人工関節・リウマチセンターを置き、特にTHAにおいてはSuper Pathのラーニングセンターとして人工関節のエキスパートを目指す全国の医師に研鑽の場を提供しています。セルセーバーなど充実した医療機器やリハビリ体制もあり、両側同時TKAなども積極的に行っています。また、骨粗鬆症についても先進的な治療に取り組み毎年30回以上の講演活動も行って参りました。

2.地域医療
「近くに頼れる病院を!」という地域の要望により当院は誕生しました。よって、広く生活習慣病の管理から肺炎や食欲低下、骨折を生じた際には患者さんやそのご家族のお気持ちに寄り添って入院を受け入れています。また他の急性期病院での治療が一段落したあと療養病床での治療継続といった使命も果たしています。

 したがって、当院での働き方は実に様々です。急性期医療をバリバリこなしてくださる先生も歓迎ですし、ワークライフバランスを大切にされ療養をお手伝い下さる先生も歓迎です。医局はとてもアットホームで、朝はコーヒーマシーンの周りでムードメーカーの医局秘書を交えてたわいもない話で盛り上がっています(今朝はホームページの私の写真が修整でホクロまで消されているという話でした、、、)。消化器内科・整形外科・泌尿器科の名誉教授、放射線科・腫瘍内科・外科・皮膚科の現役教授も定期的に来て下さるのでコンサルトの機会もございます。もし、先生の望まれる医療(例えば在宅医療に熱い想いがある!など)が現在の当院になかったとしても、先生が夢見る新たな体制や環境をできる限り実現させます。当院の『病院理念』に共感し仲間に加わって下されば本当に嬉しく思います。少しでも当院にご興味を持って下さるのでしたら、当院の良い点、まだ解決出来ていない点など全てを正直にお伝えいたします。ご連絡いただければ幸いです。



Copyright © 2011 HAMAMATSU SOUTH HOSPITAL All Rights Reserved.